■日本史を侮辱した史上最悪の大河ドラマ 龍馬伝■

1名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 21:31:44

・史実が少なく、しかもデタラメ

・大河ドラマなのに、愛だの恋だの好きだの嫌いだのが多すぎる トレンディドラマかよw

・以蔵や弥太郎など、全体的に脇役を乞食のような汚い設定にし、まるで明治維新前の日本が朝鮮のような

遅れた社会だったかのように誤解を与えている(ちなみに、NHKは坂の上の雲においても、「日本には産業は

何もなかった」とか「日本人は何も(物事を)知らなかった」とか「日本人は自力では何も作れなかった」とか・・

まるで欧米に教わる前は原始社会だったかのようなとんでもないナレーションを入れて日本を貶めている)

・龍馬を美化しすぎて、まるで、世の中は龍馬を中心に動いているかのようなオーバーな脚本

・脇役に、日本人とは思えないような、貧相な顔の俳優を意図的に多数採用している

・・・・・などなど

全体的に極めて幼稚で、デタラメで、底が浅くて、、、まるで子供の学芸会を見てるような感じ

もうウンザリ、最近の大河ドラマは年々レベルが落ちていて、他にもひどいものがたくさんあるが

龍馬伝のひどさは群を抜いている。

大河ドラマと言えば、過去に、「国盗り物語」や「花神」や「天と地と」などの傑作も輩出したシリーズ

そろそろ原点に戻り、正統派の歴史物を、立派な顔つきをした一流の俳優陣で、昔のような傑作と

呼べる作品を作ってもらいたいものだ。少なくとも今のように圧力やコネでキャストを決めるのはやめてくれ

日本の歴史ドラマに毎年のように、朝鮮顔の俳優がズラリと並んでいるだけでゾッとするわ。

20名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 23:19:49

>>1

またかよ

61名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-04 21:23:36

貶めてんのかねえ

>>1には、当時の日本が

物理学、化学、数学、各種工学、軍事力において優れていたという

証明を、「歴史学的」に是非やって貰いたい

それほど優れていた日本の最精鋭だった長州藩と薩摩藩が

どうして西洋列強の出先艦隊如きに惨敗したのかも併せてな

65名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-05 11:11:22

遅れているという事実を事実として受け入れたからこそ

明治日本は発展を遂げることが出来

遅れているという事実をきちんと受け入れられなかったからこそ

清や高麗王朝は滅亡せざるを得なかった

戦後日本の発展もまた

後れを取ったという自覚からの猛勉強のたまものであった

しかるに今の日本には>>1のように

「日本は初めから優れていたのだ」と何かを勘違いしている奴が横行し

傲慢になりはて、自らを省みることをしなくなってしまった

結果、「遅れていることを自覚して懸命に努力している」国々に

いずれ追い越されることになるだろう

昔の日本人は言っていた

「祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。」

日本人が謙虚さを取り戻し、このようにならぬことを祈るばかりである

72名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-06 20:39:23

う〜ん

土佐商会以降しか関わりを持たない岩崎弥太郎を

むりやり生涯のライバルにしてしまった意図は疑うな

そのせいで弥太郎関係のいらない描写が冗長に続いてしまった

あと、龍馬の思想に関する描き込みが全然不十分で

最後の方でドタバタやっつけ仕事しているので

「惜しい人間が死んだ」という感じが出てこないのも失敗だ

あと容堂、春嶽が老人すぐる、この二人「池田屋」のときまだ三十代

だからといって>>1の意図に賛同するつもりは全くない

126名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-21 12:45:08

>>1

>大河ドラマは年々レベルが落ちていて、

所詮はドラマなので、史実がどうのと騒がないほうが“ドラマや映画を視聴、観賞する”健全な姿勢だと思います。

139名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-29 17:41:54

>>1

橋田大河やとしまつ、篤姫を持て囃した馬鹿共に言え

273名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-07 21:18:58

>>1 大河ドラマというものは漫画みたいなもので歴史を厳密に再現するようなものとちゃうやろ。

330名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-14 09:26:31

>>1 ■日本史をパロディ化した史上最悪の漫画ドラマ 龍馬伝■

6名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 21:49:06

ドラマと史実の区別がつかない男の人って・・・

8名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 21:51:00

>>6

普通のドラマならいいけどなw

一応、大河ドラマだからねぇw

あれじゃイカンだろう。

程度の問題だよ。

12名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 21:58:35

>>8

昔もフィクション多くなかった?

14名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-28 22:03:40

>>12

花神の翌年の黄金の日日から、レベルが落ちてフィクションが増えたよね

それでも、原作がいい年は、それなりのデキは維持してたんだが、、、

年々劣化が激しくなってきて

遂に今年は、脚本も原作も俳優も支離滅裂で、大河ドラマですらなくなってしまった感じ。

28名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-29 15:17:48

美化し過ぎだよなw

29名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-29 16:43:43

>>28

ドラマじゃなくてただの妄想だよな

31名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-29 20:59:10

大河の話は俳優叩きとかビジュアル方面の話になってるからスルーしとくけど、

坂之上の雲のほうはさ、条約改正までの日本の必死の西洋化からすれば

むしろ「日本には産業は何もなかった」とか「日本人は何も(物事を)知らなかった」とか

言ってるほうがむしろ当時の認識に合ってるんじゃないの? そのうえで猛勉強なり努力してさ

現代の江戸ブームと、自分じゃ何も努力しないでご先祖様の遺産に胡坐をかくだけの

自称愛国者(ウヨ)の価値観でもって、日本を貶めるな、なんて言っても、

当時の努力してた上昇志向のひとたちに笑われるだけだろう

125名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-20 06:52:08

>>31

前政権をくそみそに叩いて

現政権を擁護するプロパガンダ手法

儒学の孔子と西洋哲学のアリストテレスの対立でもある

32名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-29 21:12:33

>>31

>大河の話は俳優叩きとかビジュアル方面の話になってるからスルーしとくけど、

話にならんな、こいつはw

41名無しさん@お腹いっぱい。2010-11-30 22:25:43

何でも日本が世界一とか臆面もなくぬかす阿呆がいるが、

何でも韓国が起源と意味不明な妄言を撒き散らす韓国人そっくり。

芸術文化に優劣をつけている時点で人間性が知れる。

日本を誇りに思う一人の日本人として、お前みたいなのは心底恥ずかしいわ。

売国とか言って悦に入る前に、日本人としてまず恥を知れ。

53名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-02 21:49:56

>>41

すぐにそこで韓国を持ち出すおまえは、間違いなく在日チョン

54名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-02 22:18:36

>>53

なぜ41を在日と思うの?

文意を理解できてる?

62名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-04 23:53:28

>>61

惨敗? 調べてから書いたほうがいいよ

64名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-05 10:48:45

>>62

長州は四カ国連合艦隊に惨敗し、砲台をすべて占領された

薩摩は集成館にあった近代工場をすべて焼き払われ、保有していた船舶も奪われ

さんざんであった、まぐれ当たりで一発だけ当たった砲弾で

英旗艦ユリアラスの船長が戦死したのが唯一の戦果だな

これを惨敗と言わずして、何を惨敗というのかね

お前本当は何も知らないんだろうw

諸学問に加えて医学についても欧米より優秀だったという証明はマダか?

>>1

>朝鮮のような遅れた社会だった

そうじゃないの?だから明治政府は「我々のように開化させてやろう」

というお節介をはじめたわけでな

工作技術、冶金技術については第二次大戦になっても欧米に追いつけなかった

ドイツから輸入したエンジンや機関砲は模倣することもできなかった

水冷エンジン用のクランクシャフトは、すぐひん曲がった

小銃の部品さえ規格化できず、隣同士で部品の融通さえできなかった

戦艦「金剛」に使われた装甲版は、日本で同じ物を作ることはできなかった

欧米では普通に使われていた戦車用の「高速徹甲弾」なんて発想さえなく

それどころか分厚い装甲版に当たると砕け散るような「徹甲弾」しか作れなかった

68名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-06 00:03:36

>>64-65 なげーよ、ブァカw

304名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-06 10:47:42

もう4年ほど前のドラマか、早いものだ

記憶に残ってるのは、龍馬の敵役というべき人達の熱演怪演だね

岩崎弥太郎、吉田東洋、武市半平太、後藤象二郎など

肝心の龍馬と仲間達の記憶がほとんど無い

それと広末涼子が場違いの演技と、コントみたいな顔芸が記憶に残る

今年の大河が何かおもしろくなく、翌週には先週の記憶さえアヤフやなのは

怪演俳優がいない事なのかもね

龍馬伝の上記4人が出てくるたびに、来たぞ!と身が引き締まる思いがした

ざっとこのスレを見たが、>>64-66 このあたりいい事書いとるね

今日本が停滞している大きな原因が、ここにあると自分が思ってる事と同じ事が書かれている

それにもう1つ原因を足すとすれば、熱さが足りんという事

龍馬伝には今の日本社会が忘れてしまった熱さがあった

306名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-07 20:36:55

>>64-66

日本の歴史を古代から時系列に学ぼうとせず、(薩長政府の視点から見た)近代以降の歴史しか判らない人間が言う駄論。

307名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-07 20:47:33

307みて>>64-66をみた

>>64-66は正論だw

311名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-24 22:43:45

>>64-66がどう考えても正しい

特に>>65は

そりゃ日本には優れた建築技術とか芸術とかはあったけど、

世界的に見れば260年間鎖国していた日本は遅れていたんじゃないの?

日本の歴史を古代から時系列に学ぼうとせず…ってどういうこと?

あの汚い(?)演出はこれから開花していくのを比べてんじゃないの?

最近のネットの人たちは自らの良さばかり見て日本を批判するものは

なんでも否定してる

あなた方が嫌いな韓国人と一緒だな

323名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-12 15:14:10

>>64

>>65

が事実だろうな

細かい点で不満はあるが、まぁドラマなんでいいんじゃないか

竜馬がゆくと竜馬伝は違うみたいにね

333名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-02 20:20:49

まぁ、>>64や>>65程じゃないけどさ

66名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-05 17:21:31

そうやって努力して登る坂道の先に人々が見上げていたものが

司馬がタイトルにした「坂の上の雲」なのにな

戦後の高度成長を率いてきた企業家たちも坂の上の雲大好きだし

それに対して、日本は元々遅れてなんかいなかったからこんなのおかしい

なんていうのは、自分は全然努力しないやつにしかいえないセリフだわ

261名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-29 23:01:03

>>65 >>66

確かに日本が西洋より優れていたというのは、自惚れの極みだが。江戸までの

日本や日本人が遅れていたというのも。一面的なモノの見方ではないのか。

現に当時の日本人に識字率が高かったのは事実だし。江戸の高度な流通経済の

発展ぶりも文化の高度さもなかなかのモノだよ。確かに軍事力や医学等に遅れ

をとった面があったかもしれないけど。それも西洋と東洋の環境の違いのせい

でもあるし・・。

69名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-06 08:44:25

>>68

言い返すとしたらその程度だと露呈してるなw

78名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 16:25:38

迫力のある映像と音楽でここ数年では一番の秀作だと思うのだが

80名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 18:02:58

だが、薩長も坂本を憎んでいたという設定にしないと、暗殺藩が丸分かりになって会津の人には都合が悪い。

実際は坂本は討幕派で、大政奉還も幕府の政権喪失という点で薩長にとっては大功績とされた。

しかしドラマでは、その点を正しく書くと、会津の人には都合が悪いんだよ。

82名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 18:35:45

>>80

しかし、結局龍馬伝では見廻組単独犯で、

薩摩や紀州がその見廻組に接触した描写は全く無し。

制作者の言うミステリにも何にもなってないから、

薩長や紀州や長崎奉行から嫌われたり狙われたりする描写が全くの無駄なんだよ。

その無駄な描写の為に龍馬がやたら人望ないKYにしか描かれなかった。

そういや龍馬伝では会津がほとんど出なかったな、同じく幕末大河の新撰組!では

会津に気をつかってる、もしくは主役の近藤が龍馬と仲良いからか、薩摩黒幕にしてるけど。

84名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 19:39:04

>>82

つっか、最後のタイトルクレジットで亀がやってたのは今井信郎

だとわかったけど、ドラマ見る限りじゃ、武士の身分を奪われて

逆恨みするだけのテロリストにしか見えなかったよ。

そもそも大政奉還しただけでなんで武士階級が消滅するのか、

表向きは山内容堂の建白と言うことになってる大政奉還の

立役者が龍馬だとなんで刺客たちが知っていたのか謎なんだけどさ。

83名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 18:52:05

後の周囲の証言によると、佐々木との会談で「君の龍馬暗殺は素晴らしい」と褒め称えていた近藤勇が?

それこそ捏造も甚だしい。

85名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-08 20:36:35

>>83

象山・桂・龍馬と近藤・土方が一緒に黒船を見に行ってて、

一話目から視聴者や新聞にフルボッコにされた大河だからなあ

>>84

そういや確かに、見廻組の説明がほぼ無かった

キャスト発表で今井=亀治郎と知ってたから見廻組だと分かったけど、

前情報を知らなければ、誰?幕府側の人?という印象だろうね

大政奉還が廃藩置県まで先取りしちゃってるのもイミフだったな

98名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-11 07:32:03

漫画以下のシナリオだったな!

110名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-16 04:14:04

山口県というのは日本では朝鮮の血液的影響を

もっとも多く受けたものの一つですから、

それももう古代じゃなくて、ごく近代にいたるまで

受けつづけてきたところですから。

そういうことがあって、長州的思考法というのは

ぼくなんかは朝鮮人的なタイプだと思うんです。

司馬遼太郎

158名無しさん@お腹いっぱい。2011-01-22 18:39:24

>>110 長州は幕末に藩のクーデタを起こすイデオロギーをもっていたが、朝鮮人思考とはまるで逆だろう。

朝鮮思考のどこから革命思想など出てくるんだ?

159名無しさん@お腹いっぱい。2011-01-22 20:36:56

>>158

悪いね、単なるヘイトスピーチ

この板では糞スレ化の第一歩だ

164名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-01 18:14:37

テロリスト集団を美化した新撰組よりまし

167名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-02 20:30:24

>>164

中学の教科書でいいから少し時代の゛背景゛を勉強しろ

169名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-04 00:39:29

>>164

テロリストではないよ、一応京都守護職なんだから。

まあ芹沢とかはヤクザと言うほうが相応しいが。

テロと言うのは社会に対する破壊を信条とする集団。

新撰組は守る側だから逆。ただその方法が苛烈なだけ。

168名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-03 13:13:50

>>167

君がねwww

172名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-04 18:18:48

>>169

テロとは反体制側を指す言葉ではないからwww

政治的弾圧は立派なテロ

新撰組ヲタって馬鹿しかいないねwww

175名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-06 05:39:52

>>172

バカすぎるwww

守護する側がテロ?www

お前は一片死んで生まれ変わったほうがいい。

お前あの脳内では警察がテロリスト集団なのか?

177名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-06 11:01:09

>>175

新撰組ヲタ馬鹿大杉www

ナチスのSSさんもテロだから

「白色テロ」で勉強しなちゃい

暴力により政治的弾圧はテロだからwww

176名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-06 08:03:19

テロリストなんて言うから語弊があるんだよ

悪徳警察、警察の皮を被ったヤクザだろ

178名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-06 11:02:46

>>176

テロの意味を知らん馬鹿が吠えてるだけ

どんな時代でも警察は正義のヒーローと勘違いしてるバカボンがwww

179名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-06 17:36:54

>>178

ぷっ、警察がテロ組織なんて国はお前の祖国くらいなものw

181名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-08 16:14:45

>>179

警察の皮を被ったヤクザって事は認めたの?

270名無しさん@お腹いっぱい。2013-09-19 14:54:17

竜馬

274名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-07 22:27:24

>>273

そういう目で見る人は良いんだが、中には「大河ドラマで歴史を学ぶ」のが居てあれを実話と思い込むから問題なんだな。

275名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-09 19:23:40

>>274 話を面白おかしく大げさに作って視聴率を上げる必要もあるんだろう。

竜馬と桂小五郎が松陰の密航現場に立ち会ったというのもでっち上げ過ぎだ。

282名無しさん@お腹いっぱい。2014-02-25 10:32:05

>>274-276

天地人では地元民や歴ヲタが動いて

最上義光や前田慶次が歴史捏造糞ドラマで貶められるのを阻止した。

龍馬伝の時の幕末ファンにはそんだけの気概がなかった。

276名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-09 21:11:40

>>275

だからね、この際大河ドラマは番末に「この作品は史実の人物を主人公にしたフィックションです」って、断り書きを入れれば良いんだよ(なるべく青地に白抜きの文字で)

284名無しさん@お腹いっぱい。2014-03-02 01:13:34

ちゃんと京都見廻組に龍馬を暗殺させたことはもっと評価されていい。

新選組!でも篤姫でも

薩摩藩(西郷隆盛)を黒幕に仕立てあげやがったからな。

NHKは薩摩や西郷に恨みでもあんのか、

288名無しさん@お腹いっぱい。2014-03-03 11:10:57

編集中に書きこんじゃった。

>>284

大河ドラマだけじゃない。

NHKは「歴史発見」「歴史への招待」の昔から

「その時歴史が動いた」にいたるまで

ずっと龍馬暗殺陰謀説の旗振り役だったんだよ。

研究者の間では昭和からトンデモ扱いなのに。

それが「龍馬伝」あたりから

突然史実通りの見廻組説に切り替えてきた。

NHKに何があったんだ。

293名無しさん@お腹いっぱい。2014-03-23 10:16:36

>>288

でも龍馬に対して薩長が濡れ衣的にsageられているのは事実

理由は…まあ、対立勢力の陰謀でしょうなw

294名無しさん@お腹いっぱい。2014-03-23 15:20:27

>>288

史実通り=誤

定説通り=正

299名無しさん@お腹いっぱい。2014-05-14 14:33:42

>>294

史実≠事実

史実=定説

ですよ

301名無しさん@お腹いっぱい。2014-05-18 06:07:50

国民は無知

309名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-07 22:34:13

>>304

>肝心の龍馬と仲間達の記憶がほとんどない

ただ単に出ている役者の中に芸達者な人間が多いだけで、ドラマ自体の内容が薄いだけのこと。

308名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-07 20:51:48

>>307

あんた、日本の歴史を隅から隅まで一通りに学んだのか?、でなければとても賛同できないクズ論。

313名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-25 22:34:05

>>311

それは違う、朝鮮人の様に他国の文化まで自国発祥などと妄想を抱いて悦に入っているのとは訳が違う。

確かに日本人は古代の中国や西洋人のように独自的かつ画期的な発明はしてこなかったが、その反面、他国からの

伝来品で良いモノは積極的に取り入れ、それを自家薬籠とするのみにとどまらず更に改良するという特技を持った民族性があり。

古くは中国からの漢字からカナ文字という優れた文法を考案し、それを基に和歌や俳句などの芸術性の高い文学を展開させ。

戦国時代には南蛮渡来の鉄砲を短期間の内に本元に引けを取らない製品に作り上げ、これを量産するまでに至らせ。

あんたのいう「朝鮮もどきの後進国」だった江戸時代(特に中期以降)、確かに医学は古代中国以来の漢方医が主流だったものの

その反面、一部での西洋医学に対する探求心も相当なモノで杉田玄白の「解体新書」のような西洋の人体書の訳本も出てきたし

世界初の麻酔薬を発明した華岡青洲のような人物も現れた。幕末の頃は蘭方医が漢方医よりも主流になりつつあったしね。

又、当時の数学である「和算」もかなり高度な学問で、そのレベルは西洋の数学に対しても引けを取らなかったといわれている。

国民の識字率も当時の西洋よりもかなり高く、幕末に日本に来た外国人は社会的地位の低い、特に女までが高札を読んでいたのを

見て驚いたと言われている。今世界中でおこなわれている株の「先物取引」も江戸時代の日本で考案されたと聞くしね。

それに、西洋で尤も画期的な発明である「鉄道機関車」や「写真技術」が開発されたのは19世紀に入ってからだけど、これらが

日本に来たのは幕末の事であり、その他の文物も大体時を同じくして入っており別に薩長の山猿共が教え伝えたモノでは無い。

つまり、明治の近代化が成功したのは薩長主体の明治政府の政治手腕の良さもさることながら、それを何の躊躇いの無く受容できる

国民の民度の高さが当時既にあったという事だ。その事を弁えないと>>64-66の様な見当違いな歴史観を持ってしまう事になる。

314名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-25 23:13:49

ずいぶん思い込みが激しいんたなw

こうであってほしい形にあてはめようとし過ぎだよ

315名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-26 18:54:58

>>314

今に残る数々の歴史的な証拠資料に背を向けて、薩長政府が流布した「江戸時代は朝鮮以下の後進国」的な江戸ネガティブ史観を額面通りに受け取り

明治が日本の夜明けを導いたと信じて疑わない>>64-66の様な偏狭な史観よりは、よっぽど当を得ている意見だと思うがね・・。

324名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-12 15:24:20

近代的な海軍の概念がなく

研究レベルが低かったのは事実

325名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-12 19:23:58

>>323 >>324

>>64にしても>>65にしてもかなり思い込みが激しい史観論

軍事力や医学の面では兎も角、他の面に於いて日本が西洋に格段劣っているとは思えん

第一、西洋が技術的に躍進したのは18世紀後半のイギリスの産業革命前後当たりからで、何世紀も前から鉄道が走っていた訳ではない

まぁ、あんたみたいに一つの爆弾でどれだけの人間が殺せるかという事にしか、関心を持たない人間には判らないだろうけど・・。

329名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-13 02:55:04

>>325

古人に学べ

326名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-12 22:41:04

そうかな〜

ルネッサンス時代の絵画だけを見ても、同時代どころか近代日本が到底及ばない文化的な背景を持っていると思うけど

浮世絵が逆輸入されてゴッホがまねたけど、喜多川歌麿や葛飾北斎の絵がダ・ヴィンチやミケランジェロを超えてたとも思えん

331名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-15 21:30:53

>>326

あんた、絵画芸術に関してはヒトラー程度の美意識しか無いようだね。

絵画の世界は奥が深い物、ただ単に写実的であれば良い物ではない。

ゴッホやマネ達はそこんところを知っていたから浮世絵に惹かれた。

>>329

古人って、明治政府御用の歴史学者?。

コメント

  1. 長州って迷惑だよな より:

    >>長州藩 吉田松陰の影響下にある人達が犯した罪

    【1】 皇居に軍事テロ攻撃!という日本史上最悪の凶事。

    【2】 当時の政府がしようとした議会制政治を、内乱クーデターの愚行で潰した。

    【3】 錦の御旗を密造し、
    ーー 暴力で事後承諾させ 、
    ーー 〝自国を〟内戦の混乱に陥れ、
    ーー 〝外国を〟「 無駄に 」 儲けさせ 、
    ーー 国力を疲弊させて、 日本の近代化を遅れさせた。

    【4】 天皇陛下を矢面に立たせるクズなシステムで「独裁」の甘い汁を吸った。